無職の時

そういえば、精神的な要因により働けなくなった時、再び働くようになるまで1年程の時間があったはずだが、その間の記憶があまり無い。

辛いこととして、思い出さないように脳がしているのか、それとも変化が少なかったから、印象に残っていることが少なく、記憶があまり無いように感じるのか、強く記憶に残すほどの感情などをあまり感じなかったのか、理由は分からない。

今思えば、働けなくても良いので、早めにその自分を一時的なことだ受け入れて、十分にゆっくりと休んでいたら、もっと早く働くことができていたと思う。

コメントする

CAPTCHA