自分を責めなくてもの良い

自分が善良に考えたと思えるならば、自分を責める必要はない。何もできなくても良い。善良に考えたと思えれば、それで良い。

過去の過ち、たとえば、誰かを傷付けたりしたことは、それが過ちだったと認めれば、それで良い。いつまでも思い悩む必要はない。過ちだったと思えれば、脳は勝手にもうしないように動いてくれる。

過去は変えられない。今、思い悩んでも仕方ない。過ちを過ちと認めたら、もう自分を責めなくても良い。

自分が、善良に考えていると思えれば、それだけで十分なのである。何もできないとしても、自分を責める必要はない。

自分を責めると、それが疲れを引き起こし、考えることや行動することがむずかしくなってくる。それでは、これから自分や誰かのために何かをすることが難しくなる。

それよりも、自分を責めずに、疲れを回復させて、自分や誰かのために考えたり、行動できるようになった方が良い。

繰り返しになるが、自分を責める必要は全くない。

コメントする

CAPTCHA