本サイトについて

運良く、それぞれの人のために行動したいと思えるようになった、とある個人の様々な記録です。

誰が書いているかを明かすのは、自分が死ぬ時で、その時、自分がどう生きたかを遺せれば、嬉しいと思っています。