優しさと自制心

苦しい時でも優しく、自制心を失わない人は、美しいと思う。

その優しさと自制心で、時分が傷付くことを知っていながら、なお耐えている。

そういった人が、自分のことを誇りに思い、少しでも苦しさが無くなったら、嬉しく思う。

コメントする

CAPTCHA